ポスターパネルA1サイズについて

ポスターパネルとはポスターフレームとも呼ばれ、学校やスーパーマーケットや駅や病院、公共施設などでよく見かけます。宣伝チラシをポスターパネルに挟み込んで掲示することができます。挟み込むことで屋外で飾っても雨で濡れてしまう心配はありません。頻繁に広告を変える場合でも簡単に出し入れが出来ます。主にA1サイズが広く出回っており、駅などで広告ポスターを掲示するのによく用いられます。小さいものでA4サイズがあります。こちらは個人での使用がしやすいタイプです。カフェのメニュー看板にしたり、お気に入りの写真を飾ってみてもいいかもしれません。壁に掲示する場合は壁掛け用のフックを使いましょう。イーゼルに立て掛けてみると少しオシャレな雰囲気に。宣伝広告チラシだけではなく、アイディア次第で色々な用途の幅が広がります。

A1のポスターパネルを探す

A1サイズのポスターパネルを購入したいと考えていても、中々見つけることが出来ないということがあります。サイズを間違えてしまうとポスターパネルの意味がなくなってしまいます。実際に店舗に足を運んで探したいと考えていても、実際にA1サイズが分からないということがあります。店舗によってはサイズが記載されているものもありますが、掲載がない場合もあります。通販であれば、サイズもチェックして購入をすることができます。色々なデザイン、カラーのものがあるので、通販で購入をしてみるとよいでしょう。オンラインであればすぐに発送をしてくれるということがあるので、便利です。コストもリーズナブルなものがあるので、購入しやすい価格設定されています。またサイトによっても価格が異なることがあるので比較検討を行った上で購入をするとよいでしょう。

A1サイズのポスターパネルの作り方

学会や研究会、仕事の場で活躍するのがポスターパネルです。程よい大きさで見やすいA1サイズは、594ミリかける841ミリでこれを縦に使っても、横に使っても同サイズといえます。一般的には縦長に使い、ディスプレイをしていきますがパネルを見やすく仕上げるにはいくつかのコツが有ります。色、文字の大きさ、図や写真のレイアウト、内容の分量などに配慮することです。色は、余りたくさん使わず、はっきりとした色味をメインに使うと読みやすいです。差し色としての色の使用は1-2色に抑えるのがおすすめです。現場では遠くから見る方もいらっしゃいますので文字の大きさは、実際にプリントアウトをしてみて、仲間同士検討しあうのがおすすめいたします。図や写真を適宜入れ、文字ばかりを目で追うことが内容にすることで最後まで読んでもらえます。全体の内容分量も、手元にある資料を全て反映するのではなく読みやすさを第一にしていくと効果的なものが完成します。