ポスターパネルのA1判のサイズとは

最近ではさまざまなポスターパネルが販売されています。ネット上の専門事業者には各種のサイズのパネルが目白押しです。サイズだけでなく、デザインもさまざまです。また、中には、特注で製作してもらえる業者もいます。紙はどんなに厚くても、湿気などに影響を受けやすく、かつ、すぐにしわがついてしまいます。これを保護し、常にきれいな形で飾っておけるためのツールとしてパネルは有効利用できます。ところで、パネルのサイズは、A判とB判に大きく分かれます。このうちA判の方は、面積が1平方メートルの「ルート長方形」をA0にしたもので、現在では国際規格サイズとなっています。つまり、A0判とは、11√2の直角二等辺三角形の比「1」を短い辺とし、一方、長い辺を√2にした長方形を指します。サイズとしては841×1189mmとなります。そして、A1判とは、短い辺はそのままに、長い方を半分にしたものを指します。つまり、594×841mmということになります。

ポスターパネルと用紙サイズのA1

ポスターパネルや用紙のサイズには、国際規格とされているA判と、国内規格になっているB判とがあります。このうちA判は、縦横=1√2の長方形で、これは白銀比と呼ばれています。白銀比と呼ばれているのは、この比率で長い辺を半分にしていくと、どこまでも相似形の長方形が続くためです。実際に、実用に耐えうるサイズとしては、A0からはじまって、A10までがあります。A0は面積が1平方メートルの長方形で、A0の半分のサイズがA1ということになります。サイズは、短い辺が594mmで、一方、長い辺が841mmでできた長方形になっています。以降、前の長方形のサイズをどんどん半分にしていくことで最後のサイズに行き着くことになります。これは用紙サイズですが、それを入れるポスターパネルの方は若干サイズが大きくなっています。用紙を入れるための便宜です。

A1サイズのポスターパネルを選ぶポイントとは

A1サイズのポスターは比較的多いため、ポスターパネルを選ぶ時も対応しやすく販売店や通販サイトなどを使って注文すると便利です。安く購入する方法は人それぞれですが、ポスターの見た目が良くなるように内容を確かめて決めると有意義に活用できます。ポスターを掲示する時は汚れや湿気などが付着すると見づらくなるため、常に清潔な状態にすることを意識することが大事です。A1サイズは売れ筋のため気軽に注文でき、価格や内容を比較して有意義に使えるように決めると役に立ちます。通販は販売店と比べると多くの種類やサイズがあるため臨機応変に使い分けることを考えて購入し、伝えたいことを伝えやすくすることを意識して決めると便利です。A1サイズのポスターパネルを選ぶポイントはポスターの特徴を把握し、存在感を高めることを意識して決める方法が望ましいです。